最近観た日本映画について

  • 2013.10.23 Wednesday
  • 17:16
こんにちは。藤川渉です。

今日は映画の話。

僕は映画を観るのが好きでして、とりわけ劇場で観るのが好きです。
「今年はあまり邦画を観てないな」と思ってたんですが、
最近劇場で観た日本映画3本。これがどれも素晴らしかった。

『そして父になる』
『凶悪』
『地獄でなぜ悪い』

それぞれタイプはちがうけど、どれも本当に好きな映画になった。
映画が好きで良かったな、と思える3本。

そして先日もう1本 日本映画を観た。

『R100』

目が死んでいく…
こんなものが世の中に出ていくんだと驚きます。

前作『さや侍』をみたときは、早く映画という表現から身を引いた方がいい、
芸人としての松本人志は子どもの頃から好きだから…と思っていたのですが、
今作ではっきりと嫌いになりました。

映画として見せ方がヘタすぎるし、なんだか笑いのセンスすらも古いし。
それよりも、この映画の嫌いなところは卑怯なところ。

観ていない人には何が何やらでしょうが。

さて、手段は違えど自分も仕事としてサービスを提供している立場。
力が及ばない所もあり、もっと上のレベルがあることもわかります。
でもせめてお店で表現していることは「今 自分達が良いと思っているもの。来てくれる方に喜んでもらえると思うもの」でありたいとあらためて思う。

解釈はそれぞれなんでしょうが、『R100』のように「いやいや、理解されないことなんてわかってやってますよ〜」なんて言い訳してるようなものにはなりたくないな、と思うのでした。

最初に書いた日本映画3本はホント良かった。
こないだ観たアメリカ映画『クロニクル』もすごく良い。切ない。
次は『42』が楽しみですね。

それではまた。



 
コメント
結構ずばっといいますね笑
見るつもりなかったけど、逆にみたくなりましたわら
  • あさはろー
  • 2013/10/24 4:25 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM